お金借りる 最終手段

※当サイトはプロモーションが含まれています










キャッシングカードとは何か?

キャッシングカードは、消費者金融から貸し出された現金を、カードを使って借り入れ・返済するためのカードです。
クレジットカードとは異なり、借入金の返済が必要であり、返済期限を過ぎると高額な遅延損害金が発生します。

キャッシングカードを利用できる人

  • 年齢が20歳以上で、65歳以下の方
  • 安定した収入があり、返済能力がある方
  • 信用情報が正常である方

キャッシングカードのメリット

  • 簡単に現金を借り入れることができる
  • 残高繰越による金利負担が少ない場合がある
  • 自動契約機や提携ATMを利用することで、24時間365日借り入れや返済が可能

キャッシングカードのデメリット

  • 高い金利がかかる場合がある
  • 利用制限額の設定があるため、一度に大きな金額を借り入れることができない
  • 返済期限を過ぎると遅延損害金が発生し、借入金が膨れ上がる可能性がある

※本内容は一般的な消費者金融カードについての情報であり、各業者で異なる場合があります。

キャッシングカードはどのように使えるの?

キャッシングカードの使い方について

キャッシングカードとは

キャッシングカードは、消費者金融などの貸金業者が発行するカードで、借入限度額内であれば自由に現金を引き出したり、商品やサービスを購入することができます。

キャッシングカードでできること

  • 現金の引き出し:キャッシングカードを持っていくことで、ATMから現金を引き出すことができます。
  • クレジットカードとして利用:キャッシングカードはVISAやMastercardなどのクレジットカードブランドを採用している場合があり、商品やサービスの購入に利用できます。
  • キャッシングサービス:借入限度額内であれば、キャッシングサービスを利用して現金を借りることができます。
  • 家賃や光熱費などの支払い:一部の貸金業者では、キャッシングカードを利用して家賃や光熱費などの支払いができる場合があります。

注意点

  • 利用には借り入れ契約が必要:キャッシングカードを利用するには、貸金業者との借り入れ契約が必要です。
  • 利息や手数料が発生する:キャッシングサービスを利用した場合、利息や手数料が発生するため、借り入れ金額に対して返済負担がかかります。
  • 返済期日を守る:キャッシングサービスを利用した場合、返済期日を守らないと滞納や遅延損害金が発生するため、注意が必要です。

キャッシングカードはどこで申し込めるの?

キャッシングカードはどこで申し込めるの?

キャッシングカードは主に以下の場所で申し込むことができます。

  • 消費者金融
  • 銀行
  • クレジットカード会社

消費者金融や銀行は、キャッシング機能を備えた借り入れ商品を提供しています。
一方で、クレジットカード会社はカード利用限度額内でのキャッシングができる場合もあります。

申し込み方法は、インターネットや電話、店舗窓口などがあります。
申し込みには本人確認書類や収入証明書が必要です。

キャッシングカードを使った場合、どのような返済方法があるの?

キャッシングカードを使った場合の返済方法について

返済方法の種類

キャッシングカードで借りたお金は、以下のような返済方法があります。

  • 一括返済:一定の期間内に借入金と利息を全て返済する方法。
  • 分割返済:設定期間内に分割して返済する方法。
    分割数によっては利息が上がる場合がある。
  • リボ払い:毎月の支払い額を自由に設定できる方法。
    利息が非常に高くつくので、できるだけ早期返済が望ましい。

返済方法の変更

返済方法を変更する場合は、各消費者金融の規定に従う必要がありますが、一般的には以下のような手続きが必要です。

  1. 各消費者金融のホームページから、変更手続きのフォームをダウンロードするか、電話を利用して手続きする。
  2. 変更手続きのフォームに必要事項を記入し、提出する。
  3. 書類審査が行われ、手続きが完了する。

ただし、返済方法を変更する場合には、借入金や利息が増加する場合もありますので、変更前にはよく吟味し、計画的な返済を心がけましょう。

まとめ

キャッシングカードは消費者金融から貸し出された現金を、カードを使って借り入れ・返済するためのカードであり、現金の引き出しや商品の購入、キャッシングサービスの利用が可能です。ただし、返済期限を過ぎると高額な遅延損害金が発生するなどのデメリットもあります。利用には、年齢が20歳以上で、安定した収入があり、信用情報が正常な人が条件となります。

タイトルとURLをコピーしました