キャッシング 至急即曰

※当サイトはプロモーションが含まれています










消費者金融における収入証明書の必要性

収入証明書が必要になる場面

  • 新規申し込み
  • 返済額を増額する際
  • 保証人の提供を行う際
  • 契約内容の変更をする際

収入証明書の根拠

消費者金融は貸金業者であり、貸し付けを行う際には借り手の返済能力を確認することが義務付けられています。
そのため、収入証明書を提出することで借り手の返済能力を判断することができます。

また、消費者金融は貸金業者法に基づき、情報収集を行い信用情報を確認することも義務付けられていますが、収入証明書の提出を求めることで返済能力をより確実に判断することができます。

さらに、消費者金融は顧客に対して責任を負う貸し手として、返済能力について万全を期すことが求められています。
そのため、収入証明書の提出を求めることで顧客への貸し付けリスクを低減することができます。

収入証明書を提出する必要がある理由は何か?

収入証明書の必要性について

収入証明書を提出する必要がある理由は何か?

消費者金融などの貸金業者は、お金を貸す際に返済能力の確認が必要です。
そのため、収入証明書を提出することが求められます。

具体的には以下のような理由が挙げられます。

  • 借入額を収入に応じた範囲内に制限するため
  • 返済計画を立てるため
  • 返済見込みを評価するため
  • 現在の収入が借入金額の支払いに適しているか判断するため

収入証明書は、給与明細書や源泉徴収票などが該当します。

根拠について

貸金業者によっては収入証明書を必要としない場合もありますが、金融庁によって定められたガイドラインでは、貸付金利の適正化及び貸付金の適正化に関する法律(貸金業法)に基づき、貸付条件の適正性を確保するため、収入証明書の提出を求めています。
つまり、法律に基づくルールであると言えます。

収入証明書が提出できない場合、何が起こるのか?

消費者金融における収入証明書の必要性と提出できない場合の影響について

収入証明書の必要性

消費者金融は、貸し出しの対象となる借り手が返済能力を有するかどうかを確認するため、収入証明書の提出を要求する場合があります。
収入証明書は、その人の収入源や金額を証明するもので、源泉徴収票や給与明細、確定申告書等が該当します。

収入証明書が提出できない場合の影響

収入証明書が提出できない場合、以下のような影響が考えられます。

  • 貸し出し金額の制限:一部の消費者金融では、収入証明書を提出できない場合は貸し出し限度額が制限されることがあります。
  • 審査の厳格化:収入証明書を提出できないことで、審査基準がより厳しくなることがあります。
  • 担保や保証人の要求:返済能力を担保するため、担保や保証人が必要となることがあります。
  • 融資自体が不可能となる:収入証明書が提出できない場合、融資自体が不可能となる場合もあります。

根拠

貸し手は、貸出額に応じたリスクを抱えています。
収入証明書は、借り手の返済能力を把握する上で最も基本的な情報源となります。
消費者金融が収入証明書の提出を求める理由は、自己チェック機能を高めるために基本情報を明確にすることが目的です。
また、貸し出しに際して不利益を被る顧客をできる限り排除するため、利用者が自己の収入状況を正確に把握できるよう、情報の開示を求めていることが考えられます。

収入証明書の提出に必要な書類や手続きは何か?
消費者金融で収入証明書の提出に必要な書類や手続きについて

収入証明書の提出に必要な書類や手続きについて

提出に必要な書類

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 青色申告書
  • 個人事業主の場合は、決算書や収支内訳書など

手続きの方法

消費者金融で収入証明書を提出する方法は以下の通りです。

  1. 店舗への持参
  2. 近くの店舗に直接行き、必要書類を提出する方法です。

  3. 郵送
  4. 必要書類を郵送する方法です。
    郵送の際は、書類をコピーすることが推奨されています。

  5. ファクシミリ
  6. 必要書類をファクシミリで送る方法です。
    ただし、消費者金融によってはファクシミリでの収入証明書提出を受け付けていない場合があります。

根拠について

消費者金融では、融資の返済能力があるかどうかを審査するため、申込者の収入証明書の提出を求める場合があります。
具体的には、申込者の年収や収入源を把握するために、源泉徴収票や給与明細書などの書類を提供することを求められます。
また、自営業者や個人事業主の場合には、確定申告書や青色申告書、決算書や収支内訳書などを提出する必要があります。
これらの書類は、申込者が返済能力を持っているかどうかを判断する際に必要とされるため、必要書類となります。

収入証明書を提出する際の注意点やポイントは何か?

消費者金融において収入証明書の必要性と提出する際のポイント

収入証明書の必要性

  • 消費者金融は貸付に際して、返済能力の有無を判断するために借り手の収入を確認する必要があります。
  • 収入証明書を提出することで、借り手の収入情報を確認でき、適切な貸付額を決定することができます。

収入証明書を提出する際のポイント

  1. 提出可能な収入証明書は、源泉徴収票、給与明細、確定申告書など多種多様なものがあります。
  2. 提出する収入証明書については、消費者金融が指定するものがある場合がありますので、事前に確認しておくことが重要です。
  3. 提出する収入証明書には、必ず個人番号(マイナンバー)が記載されているかを確認してください。
  4. 提出する収入証明書には、必ず期限が設定されているので、期限内に提出できるように準備しておくことが重要です。
  5. 提出する収入証明書には、書類の正確さや情報の抜け漏れがないように気を付けてください。

(根拠)
「消費者金融の借入に必要な「収入証明書」の種類と注意点」(全国銀行協会)https://www.zengin-net.jp/cms/syuppan_data/wpaper/2020/2020_03.pdf

まとめ

消費者金融などの貸金業者は、お金を貸す際に返済能力の確認が必要であり、そのため収入証明書の提出が求められる。収入証明書が必要な理由としては、借入額を収入に応じた範囲内に制限するためや返済計画を立てるためなどがある。貸金業者法に基づき、収入証明書の提出はルールである。収入証明書が提出できない場合、貸付条件が不適切と判断され、融資が行われない可能性がある。

タイトルとURLをコピーしました